【浮気の証拠】裁判で使える証拠の作り方と時効とは?

浮気調査の目的

浮気

 

依頼者が探偵に浮気調査を依頼する目的は、大きく二通りあります。

 

 

離婚と慰謝料請求のための証拠作り

 

離婚にあたっては夫婦双方の合意、もしくは、法律で定められた「『不貞行為』があったこと、あるいはその他婚姻を継続しがたい重大な事由」が必要になります。

 

つまり、理由もなく一方的に離婚を行うことはできないのです。

 

 

例えば「性格の不一致」や「セックスレス」などは、婚姻関係を解消する重大な事由としては認められないケースが多いようです。

 

したがって、「不貞行為」の具体的な証拠を提示する必要があります

 

 

つまり、浮気の現場を撮影した動画や静止画さえあれば、浮気があったことの強力な証拠になりますので、ここで調査のプロである探偵の力が必要になるわけです。

 

さらに、浮気の証拠をつかむことで、浮気相手に慰謝料を請求することもできます

 

 

夫婦間の関係修復の第一歩として

 

配偶者の浮気をやめさせたいが、子どもや今後の生活のことを考えると、離婚まではしたくない、という場合がこれに当たります。

 

 

浮気の証拠を押さえておけば、「愛人と一緒になりたいから、適当な理由をデッチ上げて妻とは離婚したい」という、身勝手で一方的な離婚を防げます。

 

いわば、浮気の証拠をお守り代わりに、相手との関係修復を図るわけです。

 

 

実際に、言い逃れのできない証拠を押さえることで、浮気を認めさせ、浮気相手と別れて奥さんのところに戻ってくるケースは多いようです。

 


ホテルを出入りする動画や写真を複数集めて強力な証拠を作る

では、裁判で有効とされる浮気の証拠とはどのようなものなのでしょうか?

 

 

まず、浮気発見のキッカケになりやすい「メールのやり取り」や「通話履歴」ですが、これだけでは裁判の証拠としては不十分です。

 

なぜなら、メールの内容だけでは、単なる言葉遊びと相手に主張されたら反論は難しいですし、通話履歴だけでは、当然その内容までは分かりません。

 

 

また、「レストランやホテルの領収書・レシート」なども、言い逃れできる余地が大きく、証拠能力としては弱すぎます。

 

確実な証拠と言えるのは、「性行為の場面を写した動画や写真」ですが、実際のところ、なかなか狙って撮れるものではないでしょう。

 

次に証拠能力として強力なのは、浮気相手とホテルに出入りする動画や写真です。

 

 

なお、調査対象者が女性と食事をしたとしても、これを直ちに浮気の証拠とすることはできません。

 

状況から見て、明らかに浮気と疑われる関係であっても、裁判で使える証拠としては、ホテルから出てくる瞬間の映像が必要となります。

 

それも1回だけではやや証拠としては弱いです。浮気の証拠といえば、ホテルへの出入りですが、このシーンが撮れれば完璧かといえばそうとは限りません。

 

 

HAL探偵社の調査報告書に付属するDVD映像例
(プライベート保護のため、ぼかしてありますが、実際は鮮明な映像です。)

 

 

浮気問題で離婚することになり、離婚条件を決める上で話し合いがもつれた場合には調停・裁判を視野に入れる必要があるでしょう。そこで、法廷でパートナーが浮気を「一時の過ちだった!」と反論し、その裏付けがなされる場合もあります。

 

メールや通話履歴からも相手とのやりとりがなく、「本当に一時の過ちだった」ことがわかれば、反論の余地は十分です。浮気相手と関係が始まったばかり、酒の勢いでつい不貞行為をした、などの場合はその常習性が認められません。

 

これに対し、浮気相手とお互いに恋愛感情を持って接し、浮気が常習的だったとなれば原告の勝ちは濃厚です。離婚裁判に勝つには「不貞行為があったことの証明+浮気を認めて離婚条件をのむという相手の意思」が必要になるでしょう。

 

ホテルへの出入りのシーンは動かぬ証拠ではありますが、それはあくまで相手に浮気を認めさせる材料です。そこで、ケースバイケースで1度だけでの撮影よりは数回の証拠が必要になることもあります。

 

探偵事務所の浮気調査を依頼する方は、1度だけではなく数回証拠を撮ってほしいと言う方が多数いらっしゃいます。その大きな理由として、夫婦であるがゆえに相手の性格を熟知しているからなのです。

 

つまり、浮気の証拠をつきつけて「この女誰なの!!」と詰め寄っても、「浮気しました離婚条件を全部のみます」と素直に応じるパートナーはいないということです。浮気を問い詰められたとしても、「開き直ってすぐ浮気相手と会う」という人は多いのが現状です。

 

これを完全に論破して離婚条件をつきつけるとなると、やはり裁判を視野に入れた数回の証拠が必要になるでしょう。複数回あれば強力な証拠となります。「ホテルへの出入り」と一口に言っても、回数やその他の情報と組み合わせて完璧に勝てる要素を揃えることがポイントなのです。

 

強力な証拠があれば、不貞行為があったと十分に推測できます。探偵もその映像を撮るために尾行や張込みを通して、シャッターチャンスをうかがうわけです。

 

 

※参考記事:浮気調査の方法

 

 

芸能界の不倫騒動から見る証拠のパターンとは!?

 

探偵事務所の浮気調査ではパートナーと浮気相手の行動によって調査結果にあらゆるパターンが生じます。浮気=ラブホテルとは限らず、地方の温泉旅館だったり相手方のアパートだったりと行動は様々です。

 

昨今ワイドショーを賑わせている芸能人の不倫報道がわかりやすい例といえるでしょう。相手のアパートの合いカギを持っていたり、同じホテルに一晩宿泊しているなどが報道機関に撮られたりしています。

 

しかし、芸能記者に問い詰められた方の答えは「男女の関係はありません」の一言です。ここでもポイントになるのが「アパートや同ホテルに宿泊している回数」「同じ部屋に滞在していたかどうか」の2点です。

 

芸能人であれば高額なホテルに宿泊するため、部屋までを突き止める事は難しいでしょう。しかし、一般的な浮気調査では探偵の調査員も旅館やホテルにある程度は同行します。そこで同じ部屋にいることがわかり、一夜を過ごしていることが証明できれば不貞行為を問い詰めることができるでしょう。

 

また、不倫は夜と思われがちですが、意外と多いのが昼間の仕事時間の合間に堂々と相手と会うことです。仕事を休んで相手のアパートに通いつめているといったケースもあり、この場合も回数を撮る必要性が出てきます。車の駐車場所、部屋への出入り、滞在時間、回数、これらの条件をとっていくことが浮気を証明することのポイントになるのです。

 

このように、証拠と一口に言ってもケースバイケースで様々な状況が存在します。浮気調査には一つとして同じケースはなく、パートナーと浮気相手の動きに合わせて調査を進める必要があるのです。

 

このポイントがわかれば、依頼を考えている方も浮気調査がどんなものかわかっていただけると思います。

 

探偵事務所では専属の弁護士と連携をとっているため、証拠の過不足などを判断してもらいます。1回で十分!問い詰めれば浮気を認める!と言う先生もいますし、あと2〜3回撮っておいたほうがいいと言う先生もいます。

 

これは夫婦の状態やその他の条件を総合的に判断し、離婚条件を整えるためです。依頼者の予算もあるため、探偵事務所とよく相談をした上で調査を決めていくのがポイントです。

 

浮気調査をするかどうかは依頼者が主導で決めていくことになります。証拠が撮れるか否かも、依頼者の予測次第といった要素もあるのです。

 

 

決定的な証拠が撮れないときの証拠の作り方

 

その裁判で採用される浮気の証拠として認められるのはホテルへの出入りの写真や動画であることは間違いありません。ただし、すべての調査でその証拠が100%撮れるとは限らないというのが現実です。

 

ターゲットと浮気相手がホテルへ行くものの、撮影場所がまったくない場合や、完璧にガードを固めて会っている痕跡を残さないケースもあります。調査を継続すれば料金がかさみ予算が足りなくなって断念するという方もいるかもしれません。

 

しかしこうした事態でも、それまで得られた情報によって浮気を立証することは可能です。決定的な証拠が撮れなくても、周辺情報を組み合わせることによって、裁判でも採用される証拠能力の高い情報を提示できるのです。

 

音声情報

 

「今度また会いたい。前に行った○○ホテルだとバレちゃうから次は別のところに行こう。」

「旦那にはバレてない?週末そっちのアパートに泊りに行ってもOK?」

 

留守中にパートナーには内緒で自宅の中の音声を収録しておいたらこんな会話が入っていたとしたらどうでしょう?「バレる」「ホテル」「泊まる」といったキーワードから、パートナーが不倫相手と行動を共にしていることは誰でも想像できます。

 

この音声だけでもパートナーを問い詰めて「浮気をした」と認めさせることはできるでしょう。裁判でも素直に「浮気しました」と証言すれば、この音声情報も立派な証拠になります。

 

音声情報+自白という2つの条件が揃えば、裁判でも通用する証拠といえます。

 

しかし、実際にこれだけでパートナーが素直に浮気を認めた上に、法廷でも同じように証言するかといえばそう上手くはいかないでしょう。相手も弁護士を立てますから、証拠にならない情報では反論されてしまうのがオチです。

 

そこで、こうした音声を時間をかけて何度も収録するという手法もあります。

 

探偵が撮ったこれまでの写真や画像で、浮気相手と思われる女性が映っていたとしたらどうでしょう?ホテルではなくても、街を歩いているシーンや、食事をしているシーンなどでもOKです。

 

そこに音声情報を重ねて、パートナーに証言を求めていきます。女性の素性は弁護士が調べ、通話をしていた記録から氏名と住所なども判明するはずです。

 

  • 会話の内容
  • 探偵が撮ったパートナーと女性の姿
  • 女性の個人情報
  • 通話履歴
  • 浮気をしたという自白

 

これらの条件が一致し、法廷で証言を得れば、浮気の証拠に勝る情報を裁判官に提示することができます。不貞行為は裁判上の離婚理由であり、その証拠となるのがホテルへの出入りであることは間違いありません。

 

しかし、それがなくても上記の情報をもとにパートナーの証言を得ることで裁判での勝率はグンと上がるのです。証拠がなくとも認めざるを得ないという条件を作りだすこと、これが裁判で勝つための情報集めということになります。

 

メールの内容

 

「今週は○○勤務だから20:00くらいなら空いてるから○○で会おう」

「この前は楽しかった!また遊ぼう!奥さんには内緒ね。」

 

このメールの内容からは浮気相手の可能性がうかがえるものの、浮気の証拠としては不十分です。メールや音声もそれだけでは不貞の証拠とはならないため、やはりホテルへの出入りのシーンよりは弱い情報といえます。

 

しかし、このメールも音声収録と同じように、他の情報と組み合わせることで浮気立証への真価を発揮します。

 

探偵に調査を依頼し、女性の存在だけはわかったとします。そこで、こうしたメールを積み重ねて写メなどで撮っておくとしましょう。

 

裁判を想定するなら、女性の個人情報は弁護士に調べてもらい、メール、女性の写真と一致させていきます。音声情報と同じく、ここで浮気相手がいること、不貞行為に及んだことを自白させることができれば、裁判で勝つ確率は高くなるでしょう。

 

弁護士が調べれば、メールの情報も通信履歴から氏名などが判明します。氏名とメールの内容の一致、探偵が撮った女性がメールの送り主であること、パートナーが不貞行為に及んだことがあるという自白。

 

これらを弁護士が立証していき、相手が法廷でも認めれば、浮気を証明することができるでしょう。このように、ホテルへの出入りのシーンは証拠能力が高いことは事実ですが、それに限らず様々な情報から浮気をつきとめることも可能なのです。

 

そして、重要なのは裁判を視野に入れないというならば、協議離婚を成立させるには十分な情報ということでしょう。

 

パートナーや浮気相手と交渉するのが弁護士であるか自分であるかという違いです。協議離婚であればパートナーに問い詰めて、「浮気した」と認めればそこから離婚条件を決める事ができます。

 

離婚成立となれば、家庭を崩壊させた原因が浮気であることは明白です。相手に対しても示談で慰謝料を請求でき、応じなければ裁判も辞さない構えを見せることができます。

 

裁判は証拠至上主義ですが、情報はあらゆるところから集め、すべてを組み合わせて生かすことで勝利への道が開けていくのです。

 

 

探偵社の調査能力が問われる調査報告書

決定的な証拠となる原一探偵事務所の調査報告書

原一探偵事務所の調査報告書例

 

 

探偵社は口頭の報告もしくは調査報告書という形で、調査結果を依頼者に提供することになりますが、当然、口頭の報告では裁判の証拠になりませんので、しっかりした調査報告書を提出してくれる探偵社を選ぶ必要があります。

 

もちろん、調査結果が文章だけで構成されたものでは明確な証拠とはなりませんので、写真や動画が提供されるかどうかも探偵社に確認しておきましょう。

 

 

写真も、ピンぼけや暗い写真、対象者が判別できないほど小さく写っているものは証拠とならない場合もあり、この場合は調査が成功しているとは言えません。

 

その探偵業者の調査技術だけでなく、高感度カメラや望遠レンズといった調査機材の充実度によっても、その証拠能力の高さは左右されます。

 

 

実際に、大手探偵社の中には、裁判の証拠として有効な調査報告書を提出できることを売りにしているところもありますので、探偵社選びの際には、そのような点もチェックしておきましょう。

 

 

たとえば、原一探偵事務所の場合、トップの方針によって設置された監査部が、個々の調査員が作成した調査報告書を精査しています。

 

調査料に見合った内容にふさわしいかを第三者の目でチェックしているわけです。

 

もし、報告内容に不備や問題点があれば、調査部に対して補充調査を行うよう指示する権限がを与えることで、調査報告書のクオリティーの高さを維持しているのです。

 


証拠としての有効期間と慰謝料相場

なお、浮気の証拠は法的にはいつまでも有効ですが、実際のところ慰謝料請求の証拠としては3年が目安となります。

 

 

ちなみに、浮気による慰謝料の相場は交際期間や不貞の回数、浮気相手の収入などによって変わってきますが、離婚する場合で100万〜300万円、離婚しない場合は数十万〜200万円位が一般的です。

 

裁判で慰謝料請求が認められれば、相手の給料を差し押さえて強制的に支払わせることができます。

 

??ランキング・トップページへ

1位(もっとも選ばれている)HAL探偵社の公式サイトはこちら

関連ページ

浮気調査の費用相場
探偵に浮気調査を依頼する際の料金相場、浮気調査に必要な費用と料金体系、高額になりがちな探偵料金を安くする方法を紹介します。さらに、探偵が浮気調査を失敗した場合、調査料金はどうなるのでしょうか?返金が可能かどうか解説します。
浮気調査の料金相場はあくまで参考、実際にかかる費用はケースバイケース
探偵事務所の料金の相場は調査の内容によって変動します。浮気調査は代表的な例ですが、その他のサービスによっても料金設定が変わってくるため、相談した上で納得してから契約書にサインしましょう。
浮気調査チェックポイント
浮気の兆候をチェックリストで確認しましょう。 「浮気の入口発見ツール」プレゼントあり。
自分で浮気調査した体験談10選
自分で浮気調査した人のエピソードを10個紹介します。携帯のラインやメールのチェック、GPSやレシートによる行動調査、友人への尾行依頼など、実践的なヒントがたくさんありますよ。
旦那の浮気チェック!9つの行動パターン【体験談】
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
浮気調査の方法3つ
探偵社が実際に浮気調査をする際の手法を紹介します。基本的な知識として頭に入れておくと、面談の際に、その探偵社のおおよその調査レベルの見当がつくようになります。
浮気調査に伴ってやるべきことと、浮気調査後のアフターフォロー
最近では、浮気調査後のアフターケアに力を入れている探偵社も増えています。裁判を見すえて弁護士を紹介したり、専門カウンセラーや相談員が、今後のことを一緒に考えてくれたりします。
浮気相手に慰謝料請求するなら知っておきたい5つのこと
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
探偵選び5つのポイント
探偵選びを失敗すると、お金や時間を無駄にしてしまいます。優良な探偵を選ぶ際の5つのポイントを紹介しますので、後々のトラブルを避けるためにも、しっかりとポイントを押さえておきましょう。
探偵との面談場所はどこがいい?
探偵社の中には面談の際に、事務所ではなく喫茶店やカラオケルームを指定する業者もいます。しかし、少なくとも最初の面談は必ず事務所で行うようにしてください。その理由も解説します。
契約時9つの注意点(契約書締結、違約金など)
探偵に調査依頼する際の契約時のチェックポイントを9つ紹介します。後々のトラブルを避けるためにも、是非ご確認ください。
探偵に依頼できること【7割は浮気調査で残りの3割は?】
現在、探偵への依頼内容の大半は浮気・不倫調査です。では、浮気調査以外に探偵に依頼できることは?その他にも、探偵に寄せられる依頼の多い順に、調査可能な項目を紹介します。
探偵に依頼できないこと【仕返し屋、復讐代行など】
探偵だからといって特別な調査権限があるわけではありません。探偵も一般人同様、その調査手法および受けられる依頼内容には、法の制限が課せられています。具体的に、探偵にできないこと、もしくは違法の疑いが濃厚なものを解説します。
別れさせ屋は違法か?知っておくべき高額料金とリスク
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
浮気調査(探偵との契約)はクーリングオフできる?
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
探偵業法のポイントと問題点
探偵を営むものは探偵業法の届出が必要で、その法の範囲内でのみ活動ができます。探偵業法は業者規制と業務規制の二本立てになっており、探偵業の届出を行っていることが、優良な探偵の最低限の条件となります。
探偵業法違反の確認
探偵業法に違反した業者に対して、公安委員会は指示、営業停止、営業廃止の行政処分を行います。実際の処分件数と、違反内容の傾向、違反業者名などを確認しておきましょう。
探偵と興信所の違いが3分で分かるカンタン解説
探偵と興信所の違いを解説します。一般的には、個人向け調査は探偵、企業向けは興信所とされていますが、どちらも探偵業法の適用を受ける「探偵業」であることに違いはなく、現在ではその区分はあいまいになっています。
探偵に免許や資格は要る?必要な知識とは?
探偵は探偵業の届出が必要ですが、資格や免許は必要なく、誰でも起業することができます。しかし、実際に探偵の仕事をこなすには高度な技能と経験が必要なので、依頼者はその見極めが必要になります。
探偵の守秘義務を3分でカンタン解説
探偵には調査で知り得た秘密に対して守秘義務があります。法律上、どのような義務が課せられているのか、具体的に探偵はどのような情報管理をおこなわなければならないかを解説します。
探偵トラブル事例(高額請求や違法行為など)
探偵業者と依頼者との間のトラブルが絶えませんが、実際にどのような事例があるのでしょうか。具体的な被害の実態を紹介しますので、このようなトラブルに遭わないよう、探偵選びの参考にしてください。
探偵に依頼してトラブルにあった時の対処法
不幸にも探偵トラブルに遭った際にはどうしたらよいのでしょうか。警察や弁護士、業界団体などが主な相談先になりますが、被害のケースにより、対応方法や相談先は異なります。
探偵(調査業)の主な業界団体
探偵・興信所の主要な業界団体を紹介します。各業界団体では、苦情相談や無料セミナー、最適な探偵の紹介、会員への教育研修などにより、業界健全化のための活動を行っています。業界団体に所属していることは優良探偵社の目安にもなります。