浮気調査の費用相場はどれぐらい?依頼前に絶対確認しておくべき料金を安くする4つのコツとは?探偵が調査に失敗しても払うの?

浮気調査費用の目安

浮気調査の料金相場ってどれぐらいなんだろう?

 

「探偵に浮気調査を依頼したら、どれぐらいの費用がかかるんだろう?」

 

浮気調査を検討中の方は、誰もが気になるところですね。

 

 

探偵の調査料金には統一された料金体系がなく、各業者が自由に料金を決めているのが現状です。

 

複数社に見積りを取ってもらえば、おおよその相場は分かってきますが、相談前にある程度の目安は欲しいですよね。

 

 

2005年3月末、一般社団法人東京都調査業協会において、都内の探偵業者を対象にしたアンケートが行われました。

 

そのアンケートでは、行動調査(素行や浮気の調査)の時間あたり料金(調査員2名の場合/諸経費別)の分析結果も公開されています。

 

 

既に10年以上前のアンケート結果ですが、相場が大きく変わっているとは考えにくく、現在でもじゅうぶん目安にできるデータです。

 

 

1時間あたり調査費用相場

 

 

ご覧のとおり、調査員2名の場合、1時間あたり1.5〜2万円前後(諸経費別)が調査料金の相場と考えてよいでしょう。

 

 

車両費(調査用車両・バイク)の1日1台あたり費用

無料

36%

1〜1.5万円未満

24%

1.5〜2万円未満

16%

 

 

車両費を無料と回答した業者の時間あたりの調査料金(諸経費別)

2〜2.5万円未満

50%

1.5〜2万円未満

13%

 

 

経費に含まれる車両費は、調査費が時間当たり2万円以上の場合は無料(調査費に含まれている?)、1.5〜2万円未満では1日1台につき1〜1.5万円位を請求するケースが多いようです。

 

また、調査対象者の旅行先や単身赴任先などでの行動調査では、調査員の出張費、宿泊費が加算されることが多いようです。

 

 

 

結論として、非常にざっくりと時間当たり料金を算出すると、

 

調査員1名の1時間当たり料金は 7,500〜10,000円

 

がおおよその相場と言えるでしょう。

 


探偵社の料金体系は多種多様

電卓

探偵・興信所の調査料金の決め方は多種多様です。

 

料金の比較をしようにも難しく、最終的にどれくらいの費用がかかるのかを、ホームページに記載された情報だけで計算することは容易ではありません。

 

 

調査業務は、依頼内容によって必要な人数、時間、交通費、機材等が異なりますので、結局のところ、各社に見積りを取ってもらわないことには比較のしようがないと言えます。

 

 

??ランキング・トップページへ

1位(もっとも選ばれている)HAL探偵社の公式サイトはこちら


調査料金の内訳

探偵に支払う調査料金の内訳を列挙するとこのようになります。

 

調査費用 着手金、人件費(タイムチャージ・日当・出張手当)、深夜早朝割り増し、危険手当など)
経費(実費) 交通費(電車・タクシー代)、宿泊費、車両費、ガソリン代、高速道路料金、駐車料金、通信費、機材費、その他情報入手にかかる費用など
手数料 報告書作成費など
成功報酬 成果の程度に応じて支払う成功時の報奨金

 

 

ちなみに、探偵社によっては調査費用と経費をまとめて、「調査費用」もしくは「経費」と称しているところもあります。

 

また、報告書作成費のような固定費に関しては、「手数料」ではなく「基本料金」に含めているケースも見受けられます。

 

成功報酬」に関しては、人探しなどで採用されているケースがありますが、特に設定していない探偵社も多いようです。

 

探偵の浮気調査における3つの料金体系

浮気調査や素行調査の場合、探偵社の料金体系には大別して以下3種類があります。

 

  1. 時間料金制
  2. パック料金制
  3. 成功報酬制

 

 

1.時間料金制

 

時間料金制は、調査員が実際に尾行や張込みなどを行った時間に対応した料金体系です。

 

多くの探偵社が採用しており、一見比較しやすいように思えますが、「1名1時間いくら」のところもあれば、「1時間いくら(調査員2〜3名)」、「1日いくら」と決め方がまちまちです。

 

また、基本料金を設定しているところも多く、時間当たりの料金に経費が含まれているかどうかも探偵社によって異なるので、意外と比較するのは難しいです。

 

ただ、調査費用が比較的明瞭で分かりやすいというメリットはあります。

 

 

デメリットとしては、調査期間が延びればそれだけ費用がかさむ点です。追加調査の際には事前に依頼者の承諾が要るような契約内容にしておかないと、ちょっと不安ですね。

 

逆に、調査対象者がいつどこで浮気をするかの目処がたっているのなら、ピンポイントで調査依頼をすることで調査料金を抑えることも可能です。

 

 

ちなみに、「1名1時間いくら」の場合は、ちょっと注意が必要です。

 

調査は単独で行うことは稀で、通常2〜5人のチーム制で行うのが基本なので、調査員を増員することで法外な料金請求につながる可能性があるからです。

 

 

2.パック料金制

 

費用ごとに請求するのではなく、尾行など探偵社が提供するサービスをあらかじめ1パックでまとめ買いするもの。

 

この料金体系を採用している探偵社は少ないですが、依頼者にとっては、時間料金制のように、調査期間が長くなるほど費用が膨らんでいくのではないかという不安がありません

 

時間料金制に比べると、1時間あたりの料金が安く設定されていることが多いですが、短時間で調査が終了した場合、かえって割高になるというデメリットもあります。

 

 

3.成功報酬制

 

人探しでよく採用される料金システムで、まず着手金を支払い、探していた人が見つかったら成功報酬を支払うという方法です。

 

 

調査が成功した場合のみ報酬を支払えばよいのなら、依頼者にとって都合がよいと思われがちですが、必ずしもそうとも言えません。

 

調査が失敗した場合でも、実際には着手金と実費を請求されることが多いようです。

 

 

中には、着手金不要で、成功した場合のみ調査料金を支払う完全成功報酬制の探偵業者もありますが、失敗した場合に支払わなければならない費用があるのか、念のため必ず確認しておいた方がよいでしょう。

 

 

また、成功報酬制でもっとも注意しなければならないのは、「成功」の定義です。何をもって「成功」と捉えるか、依頼者と探偵社に認識のズレがあると後々トラブルになる可能性があります

 

たとえば浮気調査の場合、依頼者は「浮気の事実が判明すること」、探偵社は「調査期間内に浮気しているか否かが判明すること」を成功と捉えるケースがままあります。

 

実際のところ、調査期間内に浮気をしていなければ、どれだけ優秀な調査員が調べても証拠は出てきませんし、本当に浮気をしていない場合もあります。

 

また、浮気の事実が判明してもトラブルが発生する可能性は残ります。

 

  • 浮気の事実を見つけた。
  • 浮気の相手が特定できた。
  • 浮気の証拠写真を撮った。
  • 裁判で有効な調査報告書ができた。

 

どの状態を「成功」と定義するのか、契約時にできるだけ具体的なところまで確認しておいた方がよいでしょう。

 

モデルケースで調査料金を算出

平均的なモデルケースで料金総額を計算

 

浮気調査の料金は、案件によって必要な人数、期間も異なりますので料金相場を出すのは簡単ではありません。

 

 

そこで、一般的と思われるケースを仮定して調査料金の総額を計算してみたいと思います。

 

  • 前提条件1:調査員1名の料金は9,000円/1時間
  • 前提条件2:調査員の人数は平均2.5人
  • 前提条件3:稼働時間平均5時間/日×調査期間5日間=総稼働時間25時間
  • 前提条件4:上記料金に含まれない諸経費40,000円

 

これらの前提条件から料金総額を算出すると、

 

(9,000円×2.5人×25時間)+40,000円 = 602,500円

 

結論としては、60万円前後ということになります。

 

 

もちろん、時間当たり料金設定、調査にかける人数、調査期間といった前提条件が異なれば、調査料金もまったく違ったものになりますが、この60万円がおおよその料金相場と考えてよいでしょう。

 


格安料金に要注意!

格安料金に要注意!

 

ホームページや電話帳、チラシ広告などで格安をうたっている探偵社は多いですが、その料金が相場から大きくかけ離れている場合は注意が必要です。

 

  • 尾行や張込み調査において、アルバイトを使っている。
  • 安く見せるため、2名以上が基本の尾行調査で1名分の料金を表示している。
  • 調査料金が安いと思ったら、掲載していない他の項目が高額に設定してあった。

 

格安料金にはこのような「」があるケースも多いです。

 

 

安さにつられて契約したら、後から見積りにはない法外な料金を請求されたり、調査と言えないようなずさんな報告や連絡がないといったトラブル事例が多々あります。

 

 

探偵に限らず、どのような業種でも熟練した専門職の人件費はどれくらい必要でしょうか。

 

とりわけ、探偵の調査業務は、特殊な熟練技能と集中力、忍耐力、責任感を必要とする仕事です。

 

 

浮気調査の方法」でも紹介した通り、しっかりとした調査による満足のいく調査結果を得るためには、ある程度の料金はかかるものと考えておいた方がよいでしょう。

 


東京都内の浮気調査費用について

東京都内

 

東京都内や大都市圏での浮気調査は、郊外での調査とは異なる特徴があります。

 

 

たとえば、都心部の道路網は複雑に入り組んでいて、ところどころで慢性的な渋滞が起こっています。

 

そのため、自動車での尾行は見失う可能性が高く、渋滞をすり抜けられるバイクが有効です。

 

 

また、複雑に入り組んだ地下鉄や地下通路を使い慣れていたり、建物の出入り口の場所や数などをあらかじめ知っていれば、ターゲットを見失う可能性が低く、より効率的な調査が可能になります。

 

 

効率的な調査が行えるということは、必要以上に調査員の人数や調査時間を必要としないので、その分費用の削減につながります。

 

ですから、郊外よりもむしろ都内での調査の方が料金が安いことも多いのです。

 

 

都内での調査は調査員に土地勘があることが必須条件になりますので、都心に事務所を構えていて、調査経験が豊富な探偵社を選ぶようにしましょう。

 

 

??ランキング・トップページへ

1位(もっとも選ばれている)HAL探偵社の公式サイトはこちら


探偵の調査料金を安くする4つのコツ

探偵の調査料金を安くする秘訣

 

くわしくは「浮気調査の方法」で説明していますが、探偵に法的に認められた調査手法は、聞込み、尾行、張込みの3つしかないので、浮気調査は人海戦術に頼らざるをえません

 

探偵の調査料金が高額にならざるをえない大きな理由のひとつです。

 

※参考:浮気調査の料金相場

 

 

では、調査料金を安くするために、依頼者側にできることはないのでしょうか?

 

いいえ、工夫しだいで料金を相場よりも安く抑えることは十分に可能です。ポイントは4つあります。

 

 

 

複数の探偵社に見積りをとって比較する

 

なんらかのサービスを利用する際には、ひとつの業者よりも複数の業者に見積りを取ってもらった方が価格競争が働きます。

 

引っ越しや保険などでは相見積をとるのは一般的ですが、探偵もサービス業のひとつなので同じように相見積をとるようにしましょう。

 

 

複数の業者に相談して見積りをとってもらうことで、おおよその相場感が分かりますし、比較することで価格交渉も進めやすくなります。

 

 

「交渉は面倒なので、すぐに契約して一刻も早く調査を始めて欲しい。」

 

そのお気持ちはよく分かりますが、焦りは失敗のもとです。

 

 

複数社から見積りを集め、調査内容とコストパフォーマンスをよく検討した上で依頼先を決めることが、結果的に調査料金を抑えることにつながります

 

 

 

相場からかけ離れた安すぎる探偵を選ばない

 

相場から異常に安い見積りを出す探偵業者の中には、いい加減な調査を行い、「証拠をつかむためには追加調査が必要」と言って、際限なく延長料金を請求するような悪質なところもあります。

 

このような場合、本当は途中で調査を打ち切って別の探偵社に頼むべきです。

 

 

ところが、依頼者には、それまで支払った料金を無駄にしたくないという心理が働き、悪質業者の勧めるまま、ずるずると追加調査をお願いしてしまう傾向があります。

 

このような「安物買いの銭失い」に陥る被害事例はとても多いので注意してください。

 

 

良心的な見積り価格を提示し、誠実で責任感があり実績ある探偵社に依頼することで、悪質業者による被害に遭う可能性を減らすことができます。

 

 

 

無駄な経費をかけない探偵を選ぶ

 

相場からかけ離れて安い探偵社とは逆に、見積り料金が高すぎる探偵社も避けたほうがよいでしょう。

 

大手探偵社の中には、調査員の人件費を遊ばせておくのがもったいなくて、必定以上に調査員の人数を多くして調査を行うところもあります。

 

 

オーバースペックな浮気調査にかかる費用は、結局のところ依頼者に請求されます。

 

良心的な探偵社であれば、依頼者側の立場に立って、できるだけ予算内に収まるよう、無駄な経費をかけない必要最小限の調査プランを作成してくれるはずです。

 

 

たとえば、HAL探偵社では、
「浮気調査を依頼したいけど、高額な調査費用は用意できない・・・」
とお悩みの方は、このような裏ワザが利用できます。

 

HAL探偵社の料金を安くする裏ワザ

 

上図のように、家や勤務先からの調査だと100万円かかるところを、待ち合わせ場所からにすることで40万円まで安くすることが可能です。

 

なお、料金はあくまでも目安です。また、ターゲットの出入り場所をおさえるため、探偵が事前調査するケースもあります。

 

依頼者があらかじめ待ち合わせの情報をつかんでおく必要がありますが、時間が短いぶん調査料金を安くすることが可能です。

 

ただし、途中からの調査になるため、確実な証拠の数が減る可能性があります。

 

くわしくはHAL探偵社までご相談ください。

 

お電話は 0120-412-026 (365日24時間対応フリーダイヤル (ケータイOK))まで。

 

 

 

探偵に正確で詳細な情報を伝える

 

いくら優秀な探偵でも、何も手がかりがない状態から情報を探し出すのは難しいでしょう。

 

調査目的や依頼までの経過をきちんと説明し、自分が持っている情報を積極的に提供することが、スムーズな調査の大きな手助けになります。

 

とりわけ調査対象者の行動予定がある程度分かっていれば、効率よく浮気の証拠をつかめる可能性が高まります。

 

 

そのような情報を探偵に伝えることによって、調査期間を短縮できたり、必要な手間を省くことができれば、調査費用の低減につながることも期待できます。

 

実際に、調査対象者が「いつどこで誰と会う」ことが分かっていたので、ピンポイントで調査を依頼し、1日分の調査料金だけで済んでしまったケースもあります。

 

 

なお、浮気相手と会う可能性が高い日が分かっているなら、その前日などの直前ではなく、1週間から3日程度は余裕を持って依頼したほうがよいでしょう。

 

直前の場合は打ち合わせも十分にできず、本番の調査で十分な成果を得られなかったり、失敗してしまう可能性もあるからです。

 

 

どうしてもすぐ調査して欲しい場合は、当日調査可能な探偵社に相談してみましょう。

 

 

ただし、証拠を集めるために焦って相手に問いただしたり、いつもとは違う行動を取って怪しまれてしまっては元も子もありません。

 

浮気を疑っていることが相手にバレて警戒心を持たせてしまうと、かえって調査を難しくしてしまいますので、無理はしないようにしましょう。

 


探偵の調査が失敗するなど、浮気の証拠が出ない3つのケース

浮気の証拠が出なかった場合、調査費用はどうなるの?

 

探偵に浮気調査を依頼しても、結局浮気の証拠が見つからなかったらどうなるの?

 

そんな疑問を持つのは当然だと思います。

 

 

浮気の証拠が出ない理由としては3つのケースが考えられます。

 

 

もともと浮気ではなかった

 

「最近帰宅が遅いし、どうも行動が怪しい。絶対に浮気しているはず!」

 

そう思っていたら、仕事帰りにネットカフェに寄り道していただけだった・・・。

 

なんてこともありえます。

 

 

調査期間中に浮気をしていなかった

 

浮気の頻度が月に1回とか、

 

極端な例では1年に1回、地元に帰った時だけ浮気しているなんてことも。

 

浮気調査の期間は1週間以内が一般的ですが、このようなケースでは調査期間中にまったく浮気しないことも十分にありえます。

 

 

探偵の調査が失敗した

 

  • 期間中、まともに調査していない。
  • 尾行や張り込み中に調査対象者を見失ってしまった。
  • 浮気現場に居合わせたが、うまく証拠写真が撮れなかった。
  • 尾行が対象者にバレてしまった。

 

このように、探偵社に原因があって調査活動そのものが失敗してしまったケースです。

 

職業倫理や調査能力の乏しい探偵社に依頼すると、このようなリスクがあります。

 


基本的には全額支払い

100%

 

では、浮気の証拠が出なかった場合でも調査料金は全額支払わなければならないのでしょうか?

 

基本的には、上記3ケースのいずれでも全額支払うことになります。

 

 

「1.もともと浮気ではなかった」と「2.調査期間中していなかった」ケース

 

これらのケースでは証拠をつかめなかった非は探偵社にはありません。

 

しかも、複数の調査員を一定時間動員して、交通費や機材費などの諸経費も既に使っていますので、料金を請求されるのも致し方ないでしょう。

 

 

このようなことにならないよう、契約前に「浮気チェックリスト」で浮気しているかどうかを確認しておくことをおすすめします。

 

 

また、ある程度浮気の日時を絞り込めるよう、調査依頼前に相手にバレない範囲で情報収集しておくとよいでしょう。

 

 

※参考:探偵料金を安くする秘訣

 

 

「3.探偵の調査が失敗した」ケース

 

この場合、契約内容によっては一部返金もしくは全額返金になる可能性はあります。

 

いわゆる成功報酬制を採用している探偵社では、「探偵社の失敗」が原因の場合、報酬を受け取らないと規定しているところが多いようです。

 

契約時には、探偵社に原因があって浮気調査が失敗した場合、料金の支払いがどうなるのかよく確認しておきましょう。

 

 

また、もしも返金についてトラブルになってしまったら、業界団体や消費生活センターに相談することをおすすめします。

 

 

「探偵さがしのタントくん」に無料相談

 

探偵さがしのタントくん

 

 

浮気調査の料金は決して安いものではありません。

 

依頼しても証拠が出ないのならやりたくありませんよね。

 

 

せっかく依頼したのに無駄金になったらどうしよう?

 

 

そんな不安をお持ちの方は「探偵さがしのタントくん」に相談してみてはいかがでしょうか。

 

 

探偵さがしのタントくん」は、相談内容に最適な探偵社を無料で紹介してくれる、依頼者と探偵社のマッチングサービスです。

 

しかも、探偵紹介サービスだけでなく、無料で何回でも浮気調査に関する相談が匿名で受けられるサービスも提供しています。

 

 

相談しても、しつこい営業電話がかかってくるようなことはないので安心です。

 

是非お気軽にご相談されてみてはいかがでしょうか。

 

↓↓↓匿名OK!のかんたん無料診断・ご相談はこちらからどうぞ。↓↓↓

365日24時間いつでも対応フリーダイヤル

0120-683-822

※iPhoneやスマホはタップするだけで電話をかけられます。

 

探偵さがしのタントくんに関する詳しい説明はこちら

 

 

「街角探偵相談所」なら浮気の証拠が取れなかったら0円!

 

探偵さがしのマッチングサービス「街角探偵相談所」では、浮気の鮮明な証拠が取れなかった場合だけでなく、浮気の事実がなくてもゼロ円の制度を採用しています。

 

「浮気の証拠が出なかったのにお金を払いたくない」
そんな方は、ぜひご利用ください!

 

↓↓↓詳しくは公式サイトをご覧ください↓↓↓

街角探偵相談所

 

 

以上、浮気調査の費用相場はどれぐらい?依頼前に絶対確認しておくべき料金を安くする4つのコツとは?探偵が調査に失敗しても払うの?…でした。

 


 

??ランキング・トップページへ

1位(もっとも選ばれている)HAL探偵社の公式サイトはこちら

関連ページ

浮気調査チェックポイント
浮気の兆候をチェックリストで確認しましょう。 「浮気の入口発見ツール」プレゼントあり。
自分で浮気調査した体験談10選
自分で浮気調査した人のエピソードを10個紹介します。携帯のラインやメールのチェック、GPSやレシートによる行動調査、友人への尾行依頼など、実践的なヒントがたくさんありますよ。
旦那の浮気チェック!9つの行動パターン【体験談】
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
浮気調査の方法3つ
探偵社が実際に浮気調査をする際の手法を紹介します。基本的な知識として頭に入れておくと、面談の際に、その探偵社のおおよその調査レベルの見当がつくようになります。
【浮気の証拠】裁判で使える証拠の作り方と時効とは?
離婚調停や慰謝料請求の際には、浮気の確たる証拠が必要です。不鮮明な写真や誰だか分からないアングルからの写真では、浮気の証拠として不十分です。どのような証拠が裁判で有効なものとされるのか。また、調査報告書の品質がいかに重要かについて解説します。
浮気調査に伴ってやるべきことと、浮気調査後のアフターフォロー
最近では、浮気調査後のアフターケアに力を入れている探偵社も増えています。裁判を見すえて弁護士を紹介したり、専門カウンセラーや相談員が、今後のことを一緒に考えてくれたりします。
浮気相手に慰謝料請求するなら知っておきたい5つのこと
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
探偵選び5つのポイント
探偵選びを失敗すると、お金や時間を無駄にしてしまいます。優良な探偵を選ぶ際の5つのポイントを紹介しますので、後々のトラブルを避けるためにも、しっかりとポイントを押さえておきましょう。
探偵との面談場所はどこがいい?
探偵社の中には面談の際に、事務所ではなく喫茶店やカラオケルームを指定する業者もいます。しかし、少なくとも最初の面談は必ず事務所で行うようにしてください。その理由も解説します。
契約時9つの注意点(契約書締結、違約金など)
探偵に調査依頼する際の契約時のチェックポイントを9つ紹介します。後々のトラブルを避けるためにも、是非ご確認ください。
探偵に依頼できること【7割は浮気調査で残りの3割は?】
現在、探偵への依頼内容の大半は浮気・不倫調査です。では、浮気調査以外に探偵に依頼できることは?その他にも、探偵に寄せられる依頼の多い順に、調査可能な項目を紹介します。
探偵に依頼できないこと【仕返し屋、復讐代行など】
探偵だからといって特別な調査権限があるわけではありません。探偵も一般人同様、その調査手法および受けられる依頼内容には、法の制限が課せられています。具体的に、探偵にできないこと、もしくは違法の疑いが濃厚なものを解説します。
別れさせ屋は違法か?知っておくべき高額料金とリスク
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
浮気調査(探偵との契約)はクーリングオフできる?
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
探偵業法のポイントと問題点
探偵を営むものは探偵業法の届出が必要で、その法の範囲内でのみ活動ができます。探偵業法は業者規制と業務規制の二本立てになっており、探偵業の届出を行っていることが、優良な探偵の最低限の条件となります。
探偵業法違反の確認
探偵業法に違反した業者に対して、公安委員会は指示、営業停止、営業廃止の行政処分を行います。実際の処分件数と、違反内容の傾向、違反業者名などを確認しておきましょう。
探偵と興信所の違いが3分で分かるカンタン解説
探偵と興信所の違いを解説します。一般的には、個人向け調査は探偵、企業向けは興信所とされていますが、どちらも探偵業法の適用を受ける「探偵業」であることに違いはなく、現在ではその区分はあいまいになっています。
探偵に免許や資格は要る?必要な知識とは?
探偵は探偵業の届出が必要ですが、資格や免許は必要なく、誰でも起業することができます。しかし、実際に探偵の仕事をこなすには高度な技能と経験が必要なので、依頼者はその見極めが必要になります。
探偵の守秘義務を3分でカンタン解説
探偵には調査で知り得た秘密に対して守秘義務があります。法律上、どのような義務が課せられているのか、具体的に探偵はどのような情報管理をおこなわなければならないかを解説します。
探偵トラブル事例(高額請求や違法行為など)
探偵業者と依頼者との間のトラブルが絶えませんが、実際にどのような事例があるのでしょうか。具体的な被害の実態を紹介しますので、このようなトラブルに遭わないよう、探偵選びの参考にしてください。
探偵に依頼してトラブルにあった時の対処法
不幸にも探偵トラブルに遭った際にはどうしたらよいのでしょうか。警察や弁護士、業界団体などが主な相談先になりますが、被害のケースにより、対応方法や相談先は異なります。
探偵(調査業)の主な業界団体
探偵・興信所の主要な業界団体を紹介します。各業界団体では、苦情相談や無料セミナー、最適な探偵の紹介、会員への教育研修などにより、業界健全化のための活動を行っています。業界団体に所属していることは優良探偵社の目安にもなります。