浮気調査チェックポイント

浮気の兆候と思われる行動チェック

浮気の兆候チェックポイント

 

あなたが浮気を疑っていても、実は単なる勘違いだった可能性もあります。

 

探偵の浮気調査費用は数十万円かかるのが一般的です。多くの方にとっては、気軽にポンと出せるような金額ではないでしょう。

 

実際に浮気調査を探偵に依頼する前に、本当に浮気しているのかどうか冷静に判断しておくことをおすすめします。

 

こちらのチェックポイントのうち3個以上に当てはまるようなら、浮気の兆候があります。

 

  • 気づかれないようこそこそと携帯を使うことがある。
  • 最近、携帯電話にロックをかけるようになった。
  • 携帯料金が以前より増えている。
  • 携帯の発信・着信履歴やメール送受信の内容を削除している。
  • 帰宅が遅くなることが増えた。
  • 休日出勤や出張が多くなった。
  • 会社の付き合いで遊びに行くことが増えた。
  • 家族との会話やお出かけの機会が減った。
  • 髪型やファッションを以前より気にするようになった。
  • 趣味や食事、カラオケのレパートリーが変わった。
  • テニスやダンスなど、新しい習い事に凝りだした。

 

浮気調査チェックポイントの中で浮気の兆候と思われる行動チェックをご紹介しました。このチェック項目に沿って、詳細を見ていきましょう。どの項目にも浮気を裏付ける理由があることがわかります。

 

 

浮気の情報をチェック!

 

  • 気づかれないようにこそこそと携帯を使うことがある。
  • 最近、携帯にロックをかけるようになった。
  • 携帯の発信・着信履歴やメールの送受信の内容を削除している。

 

この3つのチェック項目は、「浮気の情報に対する警戒」です。今や浮気相手との連絡にスマホや携帯は必須アイテムといえます。

 

これに加えてパソコンの中でのメール、チャット、SNSでのやりとりがあるでしょう。浮気が始まった初期段階では、これらの情報を完全に消し去ります。

 

しかし、浮気がある程度続くと慣れがきて、その警戒心が薄れていくでしょう。スマホや携帯、パソコンから浮気の情報が洩れるときは、「浮気の慣れ」がきたときです。

 

浮気かも!?と疑っても、最初は気付かないフリをするのも手かもしれません。探偵事務所では1〜3の具体的な浮気の情報をもとに調査を進めていきます。

 

あえてパートナーの行動を見て見ぬフリをして泳がせることも手なのです。チェックポイントを見て当てはまる!と思った方。すぐに問い詰めるか、あえて情報をとって離婚条件をつきつけるか判断する必要があるでしょう。

 

 

浮気に関するお金の流れ

 

  • 携帯料金が以前より増えている
  • 給与から不明な天引きがされている
  • クレジットカードの利用明細から多額のお金が使われている
  • 突然興味を持った趣味にお金を費やし始めた

 

携帯料金以外にも浮気に関するお金の問題は絡んできます。

 

このお金の流れが浮気相手の存在を表していることもあるでしょう。現在ではスマホ、携帯ともカケホーダイプランがあります。

 

突然のプラン変更やスマホを2台持ち始めるという以外は料金の大きな変動はないでしょう。それ以外のお金が不明瞭にどこかへ消えているとなれば、浮気を疑ってよいかもしれません。

 

実際の浮気では、相手をアパートに住まわせて給与から賃貸料を支払うというケースもあります。クレジットカードでは、相手へのプレゼントや食事代を支払うといったことがあります。

 

 

浮気による生活サイクルの変化

 

  • 帰宅が遅くなることが増えた
  • 休日出勤や出張が多くなった
  • 会社の付き合いで遊びに行くことが増えた

 

浮気にピンと来る理由で一番多いのが、生活パターンの変化です。このウラをとるには、パートナーの職場に連絡できる友人を作っておくことでしょう。

 

浮気の事実を確かめるのではなく、仕事の繁忙期などを確認するのです。本当に出張があるか、帰宅が遅い理由は残業かなどをそれとなく聞いておきましょう。

 

また、給与明細と合わせて、残業や出張が手当についているかもチェックします。浮気している側としては、仕事絡みであれば都合の良い言いワケになるのです。

 

さらに、浮気相手の1位は同じ職場の人ですから、理由をつけやすいといえます。実際に仕事で一緒にいるわけですから、その延長上で付き合いがあると言う嘘がつけるわけです。

 

 

浮気による家庭への愛情の変化

 

  • 家族との会話やお出かけの機会が減った

 

浮気を疑う理由はひとつだけではありません。夫婦であれば、まずはパートナーの愛情の変化に気付くでしょう。

 

家族への愛情がない、自分に目が向いていない。こうした態度の変化に加えて、他の理由が重なって浮気を疑うことになります。

 

家族との会話、出かける機会が減るというのは愛情の変化のひとつです。夫婦であればこの他にもご自身で思いつくことがあるでしょう。

 

そこは夫婦によってケースバイケースになります。総合的に判断して、浮気のチェックをしていきましょう。

 

 

浮気による外見の変化

 

  • 髪型やファッションを以前より気にするようになった

 

特に女性の浮気に多い傾向といえます。結婚後は服も買わない、メイクもしなかった人が外見を気にするようになる。

 

それがファッション、メイクにハッキリと表れるでしょう。同時に、身の周りの物が増えていく傾向も見られます。化粧品、服、アクセサリーなどです。

 

「ちょっと友達と出かけてくる」の「ちょっと」に以前より気を使っていた場合は注意です。その相手はちょっとした間柄ではないことを示しています。

 

 

浮気による趣味の変化

 

  • 趣味や食事、カラオケのレパートリーが変わった
  • テニスやダンスなど、新しい習い事に凝りだした

 

趣味の変化はパートナーの年齢やこれまでの嗜好に注目しましょう。よく知っているパートナーが好むはずのない趣味に興味を持ち出したら、それとなく聞いてみます。

 

なぜその趣味が好きなのか?どこに楽しさを感じているのか?どんな仲間と趣味を共有しているのか?

 

自分の内側から出てくる好奇心にはスムーズに答えられるはずです。どんなきっかけで、どこに楽しさを感じたか。

 

誰と一緒に楽しんでいるかを詳細に答えるでしょう。答え方に焦りが見えたり、わざと素っ気なく答えていつもどおりを装ったりすれば注意が必要です。

 

浮気相手に合わせた趣味の場合、本当の好奇心を表しません。答える内容と答え方に注目して浮気の兆候をつかみましょう。


 

??ランキング・トップページへ

1位(もっとも選ばれている)HAL探偵社の公式サイトはこちら

関連ページ

浮気調査の費用相場
探偵に浮気調査を依頼する際の料金相場、浮気調査に必要な費用と料金体系、高額になりがちな探偵料金を安くする方法を紹介します。さらに、探偵が浮気調査を失敗した場合、調査料金はどうなるのでしょうか?返金が可能かどうか解説します。
浮気調査の料金相場はあくまで参考、実際にかかる費用はケースバイケース
探偵事務所の料金の相場は調査の内容によって変動します。浮気調査は代表的な例ですが、その他のサービスによっても料金設定が変わってくるため、相談した上で納得してから契約書にサインしましょう。
自分で浮気調査した体験談10選
自分で浮気調査した人のエピソードを10個紹介します。携帯のラインやメールのチェック、GPSやレシートによる行動調査、友人への尾行依頼など、実践的なヒントがたくさんありますよ。
旦那の浮気チェック!9つの行動パターン【体験談】
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
浮気調査の方法3つ
探偵社が実際に浮気調査をする際の手法を紹介します。基本的な知識として頭に入れておくと、面談の際に、その探偵社のおおよその調査レベルの見当がつくようになります。
【浮気の証拠】裁判で使える証拠の作り方と時効とは?
離婚調停や慰謝料請求の際には、浮気の確たる証拠が必要です。不鮮明な写真や誰だか分からないアングルからの写真では、浮気の証拠として不十分です。どのような証拠が裁判で有効なものとされるのか。また、調査報告書の品質がいかに重要かについて解説します。
浮気調査に伴ってやるべきことと、浮気調査後のアフターフォロー
最近では、浮気調査後のアフターケアに力を入れている探偵社も増えています。裁判を見すえて弁護士を紹介したり、専門カウンセラーや相談員が、今後のことを一緒に考えてくれたりします。
浮気相手に慰謝料請求するなら知っておきたい5つのこと
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
探偵選び5つのポイント
探偵選びを失敗すると、お金や時間を無駄にしてしまいます。優良な探偵を選ぶ際の5つのポイントを紹介しますので、後々のトラブルを避けるためにも、しっかりとポイントを押さえておきましょう。
探偵との面談場所はどこがいい?
探偵社の中には面談の際に、事務所ではなく喫茶店やカラオケルームを指定する業者もいます。しかし、少なくとも最初の面談は必ず事務所で行うようにしてください。その理由も解説します。
契約時9つの注意点(契約書締結、違約金など)
探偵に調査依頼する際の契約時のチェックポイントを9つ紹介します。後々のトラブルを避けるためにも、是非ご確認ください。
探偵に依頼できること【7割は浮気調査で残りの3割は?】
現在、探偵への依頼内容の大半は浮気・不倫調査です。では、浮気調査以外に探偵に依頼できることは?その他にも、探偵に寄せられる依頼の多い順に、調査可能な項目を紹介します。
探偵に依頼できないこと【仕返し屋、復讐代行など】
探偵だからといって特別な調査権限があるわけではありません。探偵も一般人同様、その調査手法および受けられる依頼内容には、法の制限が課せられています。具体的に、探偵にできないこと、もしくは違法の疑いが濃厚なものを解説します。
別れさせ屋は違法か?知っておくべき高額料金とリスク
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
浮気調査(探偵との契約)はクーリングオフできる?
探偵の選び方や調査料金、依頼の際の注意点、探偵業の現状などに関して、基本的なことを掲載しています。浮気調査を探偵に依頼する際には、是非ご一読ください。
探偵業法のポイントと問題点
探偵を営むものは探偵業法の届出が必要で、その法の範囲内でのみ活動ができます。探偵業法は業者規制と業務規制の二本立てになっており、探偵業の届出を行っていることが、優良な探偵の最低限の条件となります。
探偵業法違反の確認
探偵業法に違反した業者に対して、公安委員会は指示、営業停止、営業廃止の行政処分を行います。実際の処分件数と、違反内容の傾向、違反業者名などを確認しておきましょう。
探偵と興信所の違いが3分で分かるカンタン解説
探偵と興信所の違いを解説します。一般的には、個人向け調査は探偵、企業向けは興信所とされていますが、どちらも探偵業法の適用を受ける「探偵業」であることに違いはなく、現在ではその区分はあいまいになっています。
探偵に免許や資格は要る?必要な知識とは?
探偵は探偵業の届出が必要ですが、資格や免許は必要なく、誰でも起業することができます。しかし、実際に探偵の仕事をこなすには高度な技能と経験が必要なので、依頼者はその見極めが必要になります。
探偵の守秘義務を3分でカンタン解説
探偵には調査で知り得た秘密に対して守秘義務があります。法律上、どのような義務が課せられているのか、具体的に探偵はどのような情報管理をおこなわなければならないかを解説します。
探偵トラブル事例(高額請求や違法行為など)
探偵業者と依頼者との間のトラブルが絶えませんが、実際にどのような事例があるのでしょうか。具体的な被害の実態を紹介しますので、このようなトラブルに遭わないよう、探偵選びの参考にしてください。
探偵に依頼してトラブルにあった時の対処法
不幸にも探偵トラブルに遭った際にはどうしたらよいのでしょうか。警察や弁護士、業界団体などが主な相談先になりますが、被害のケースにより、対応方法や相談先は異なります。
探偵(調査業)の主な業界団体
探偵・興信所の主要な業界団体を紹介します。各業界団体では、苦情相談や無料セミナー、最適な探偵の紹介、会員への教育研修などにより、業界健全化のための活動を行っています。業界団体に所属していることは優良探偵社の目安にもなります。