探偵による浮気調査のトラブル事例(高額料金や違法行為など)

右肩上がりの探偵トラブル件数

「興信所」に関する相談件数推移

平成19年6月1日より探偵業法が施行され、探偵業に対して一定の規制が及ぼされることになったとはいえ、いまだに悪質な探偵や興信所によるトラブルは絶えません

 

こちらは、国民生活センターが公開しているPIO-NET(消費生活相談データベース)から「興信所」関係の相談件数を集計したものです。

 

2013年に若干減少したものの、全体的な傾向としては年々増加傾向にあることがわかります。

 

年度

2009

2010

2011

2012

2013

2014

相談件数

1,168

1,315

1,657

2,010

1,730

2,917

 

これは探偵業法の改正により、探偵がより身近なものとして認識されるようになったため、浮気調査などの需要が増加したことも影響している可能性があります。

 

また、探偵に依頼する場合、被害にあってもそれを他人に相談しづらいでしょうから、表に出てこない潜在的被害を考慮すると、相当な件数の被害が発生しているはずです。

 

それから、浮気調査では依頼者自身がトラブルを招いてしまうこともあります。社会通念上、違法なことはタブーですので、浮気調査だからといって法を犯してはいけません

 

一線を踏み越えてしまったり、大きな事件・事故になってしまわないように注意しましょう。


探偵・興信所のトラブルは解約、債務不履行、高額料金がほとんど

探偵トラブル事例のケースを大別すると、おもに6パターンあります。

 

 

解約をめぐるトラブル

 

  • 契約を解約したにも関わらず返金してくれない。
  • 解約しようとしたら法外な違約金を請求された。
  • 解約したいが解約不可の契約条項がある。
  • 解約を申し出たが担当者不在とのことで返答がない。

 

 

債務不履行(契約違反)によるトラブル

 

  • まともに調査していないのに調査費用を請求された。
  • 当初の説明通りの調査がなされていない。
  • いつまでたっても調査報告書が送付されない。
  • 証拠として使えない調査報告書を提出してきた。
  • 必ずできると言っていたのに結局できなかった。
  • 料金支払い後、連絡がとれなくなってしまった。

 

 

高額な料金の合意に関するトラブル

 

  • 調査料金が不当に高すぎる。
  • 誰でも簡単にできる調査なのに料金が法外。

 

 

契約内容と異なる不当な請求に関するトラブル

 

  • 契約時の説明にはなかった費用を請求された。
  • 調査していないのに追加料金を請求された。

 

 

恐喝

 

  • 依頼者の秘密(個人情報)をネタに恐喝された。

    ※調査対象者が浮気の証拠を材料に恐喝されるケースもあります。

 

 

 

 

面談・契約締結をめぐるトラブル

 

  • 長時間拘束され、しつこく契約を結ぶことを強要された。
  • 契約を断ったらひどい暴言を吐かれた。
  • 見積りが高額だったので検討すると言ったら脅かされた。

 

 

 

 

 

このようなトラブル類型のうち、1.解約、2.債務不履行、3.高額料金によるトラブルが圧倒的多数を占めます。

 

  • 料金が法外だったので解約しようとしたら違約金を請求された(1と3)
  • 調査不十分なので一部でも返金して欲しいが相手が応じてくれない(2と3)

 

というように、実際には1〜3の要因がミックスしてトラブルが起きていることが多いようです。

 

モラルの低い探偵・興信所に要注意

詐欺探偵

ご覧のとおり、トラブル事例の中には、はじめから真面目に調査するつもりがない、もしくは調査できないと知りながら、「必ずできる」と装って契約を締結しているとしか考えられないケースがあります。

 

このような行為は、刑事上・民事上の詐欺に当たります。

 

もちろん、職業倫理が高く、誠実で優秀な探偵・興信所もありますが、一部には非常にモラルの低い業者が存在することも事実です。

 

悪質な探偵を避け、優良な探偵を選ぶには、選び方のポイントを押さえると共に、契約時には、「重要事項の説明」や「利用目的の明示」などが、法令に基づいた手続きがなされているかをしっかり確認しましょう。

 

 

参考:過去に探偵業法違反で行政処分されたことがある探偵を確認する方法

 

 


▼当サイトおすすめ探偵社の情報もぜひご覧ください▼

ランキング・トップページへ

1位(もっとも選ばれている)HAL探偵社の公式サイトはこちら





関連ページ

浮気調査で探偵と契約する時の注意点9つ(契約書締結、違約金など)
探偵に調査依頼する際の契約時のチェックポイントを9つ紹介します。後々のトラブルを避けるためにも、是非ご確認ください。
浮気調査(探偵との契約)はクーリングオフできる?
クーリングオフできるかどうかは、契約書をかわした場所によって大きく異なります。探偵事務所・自宅以外の場所で契約書をかわしたら、クーリングオフの対象です
探偵業法のポイントと問題点
探偵を営むものは探偵業法の届出が必要で、その法の範囲内でのみ活動ができます。探偵業法は業者規制と業務規制の二本立てになっており、探偵業の届出を行っていることが、優良な探偵の最低限の条件となります。
過去に探偵業法違反で行政処分されたことがある探偵を確認する方法
探偵業法に違反した業者に対して、公安委員会は指示、営業停止、営業廃止の行政処分を行います。実際の処分件数と、違反内容の傾向、違反業者名などを確認しておきましょう。
探偵による浮気調査のトラブル事例(高額料金や違法行為など)
探偵業者と依頼者との間のトラブルが絶えませんが、実際にどのような事例があるのでしょうか。具体的な被害の実態を紹介しますので、このようなトラブルに遭わないよう、探偵選びの参考にしてください。
探偵に浮気調査を依頼してトラブルにあった時の対処法
不幸にも探偵トラブルに遭った際にはどうしたらよいのでしょうか。警察や弁護士、業界団体などが主な相談先になりますが、被害のケースにより、対応方法や相談先は異なります。
探偵・興信所(調査業)の主な業界団体
探偵・興信所の主要な業界団体を紹介します。各業界団体では、苦情相談や無料セミナー、最適な探偵の紹介、会員への教育研修などにより、業界健全化のための活動を行っています。業界団体に所属していることは優良探偵社の目安にもなります。

浮気調査に役立つ情報


浮気調査の方法・探偵選びのコツとして以下のポイントをまとめました。

  • 自分で浮気調査する
  • 探偵による浮気調査の知識
  • 探偵による浮気調査の料金
  • 探偵との契約・トラブル
  • 浮気調査終了後にどうするか
  • 浮気調査以外を探偵に依頼する