探偵・興信所(調査業)の主な業界団体

社団法人日本調査業協会

社団法人日本調査業協会

内閣総理大臣(国家公安委員会)の許可を受け、警察庁を監督官庁とする全国組織です。

 

東京都調査業協会をはじめ、全国各地に18の単位協会が加盟しています。

 

220社余りの探偵・興信所が会員として加盟しており、日本最大級の業界団体として業界の健全化に務めています。

 

 

おもな活動内容は、教育研修事業、消費者保護(倫理)事業、広告適正・広報事業、総務事業の4事業。

 

探偵業者のレベルアップを図るため、独自に「探偵業務認定試験制度」を実施しており、近い将来、国家試験にするべく実績を積んでいるところです。

 

また、消費者対策に特に力を入れており、警察庁や警視庁の担当者、弁護士、消費者団体役員、心理学者を招いた無料セミナーを開催しています。

 

さらに、協会や全国各地の単位協会で、無料相談を受け付けており、苦情対応等の消費者サポートを行っています。

 

 

なお、社団法人東京都調査業協会は、日本調査業協会の下部組織の中でも中心となる組織として精力的に活動しており、70社以上の探偵社が会員として登録しています。

 

 

加盟企業例:ヒューマン探偵事務所、MR探偵事務所、FUJIリサーチ、クローバー総合調査

 

「社団法人日本調査業協会」公式サイト


NCIA全国調査業協同組合

NCIA全国調査業協同組合

日本全国に展開する探偵の業界団体で、内閣総理大臣認可法人です。

 

東京に本部事務局を置き、埼玉、東京、千葉、横浜、名古屋、大阪、福岡に支部もしくは事務所を設置し、全国ネットワークを展開しています。

 

60社余りの探偵・興信所が会員として加盟し、日々、不安のない生活・ビジネスの実現に貢献できる調査サービス業を目指して活動しています。

 

具体的には、以下のような社会貢献活動を行っています。

 

  • 調査無料相談所の定期的開設
  • 苦情処理の円満解決への仲介
  • 警察署及び消費者センター等への協力
  • 盗難車両、盗難カードの発見通報活動
  • 防犯、危機管理に関する講演、相談活動
  • 教育研修会の開催
  • 広報誌・会報(NCIA Press)の定期発行

 

 

加盟企業例:原一探偵事務所、ツイセン(株)

 

「NCIA全国調査業協同組合」公式サイト


特定非営利活動法人 全国調査業協会連合会

特定非営利活動法人 全国調査業協会連合会

日本全国に30社弱の会員企業を有する業界団体です。

 

会員向け教育研修会、消費者からの苦情相談受け付け、トラブルの仲介や斡旋、適切な業者の紹介等を行っています。

 

 

加盟企業例:(株)アイヴィ・サービス、さくら幸子探偵事務所、ツイセン(株)

 

「全国調査業協会連合会」公式サイト


CII 世界探偵社協会

CII 世界探偵社協会

正式名称は「COUNCIL OF INTERNATIONAL INVESTIGATORS」。

 

世界各国で品質の高い調査が実施できる組織を作る目的のため、1995年に創設されたUSAに本部を置く世界的な調査業の団体です。

 

現在では、アメリカ、ヨーロッパ、アジアを中心に50カ国以上、300社以上の探偵社・興信所が加盟しています。

 

 

加盟企業例:原一探偵事務所

 

「CII 世界探偵社協会」公式サイト


WAD 世界探偵協会

WAD 世界探偵協会

正式名称は「World Association of Detectives」。

 

1925年に設立された、もっとも長い歴史を持ち、世界中の国や地域の業界トップで構成される、調査会社及び警備サービスの国際組織です。

 

WAD(世界探偵協会)の入会基準は厳しく、職業倫理の高さを持ち、高い信頼を持つ者だけが入会を許可されることで、組織としての権威と格調高さを保っています。

 

 

加盟企業例:MR探偵事務所、(株)アイヴィ・サービス

 

「WAD 世界探偵協会」公式サイト



▼当サイトおすすめ探偵社の情報もぜひご覧ください▼

ランキング・トップページへ

1位(もっとも選ばれている)HAL探偵社の公式サイトはこちら





関連ページ

浮気調査で探偵と契約する時の注意点9つ(契約書締結、違約金など)
探偵に調査依頼する際の契約時のチェックポイントを9つ紹介します。後々のトラブルを避けるためにも、是非ご確認ください。
浮気調査(探偵との契約)はクーリングオフできる?
クーリングオフできるかどうかは、契約書をかわした場所によって大きく異なります。探偵事務所・自宅以外の場所で契約書をかわしたら、クーリングオフの対象です
探偵業法のポイントと問題点
探偵を営むものは探偵業法の届出が必要で、その法の範囲内でのみ活動ができます。探偵業法は業者規制と業務規制の二本立てになっており、探偵業の届出を行っていることが、優良な探偵の最低限の条件となります。
過去に探偵業法違反で行政処分されたことがある探偵を確認する方法
探偵業法に違反した業者に対して、公安委員会は指示、営業停止、営業廃止の行政処分を行います。実際の処分件数と、違反内容の傾向、違反業者名などを確認しておきましょう。
探偵による浮気調査のトラブル事例(高額料金や違法行為など)
探偵業者と依頼者との間のトラブルが絶えませんが、実際にどのような事例があるのでしょうか。具体的な被害の実態を紹介しますので、このようなトラブルに遭わないよう、探偵選びの参考にしてください。
探偵に浮気調査を依頼してトラブルにあった時の対処法
不幸にも探偵トラブルに遭った際にはどうしたらよいのでしょうか。警察や弁護士、業界団体などが主な相談先になりますが、被害のケースにより、対応方法や相談先は異なります。
探偵・興信所(調査業)の主な業界団体
探偵・興信所の主要な業界団体を紹介します。各業界団体では、苦情相談や無料セミナー、最適な探偵の紹介、会員への教育研修などにより、業界健全化のための活動を行っています。業界団体に所属していることは優良探偵社の目安にもなります。

浮気調査に役立つ情報


浮気調査の方法・探偵選びのコツとして以下のポイントをまとめました。

  • 自分で浮気調査する
  • 探偵による浮気調査の知識
  • 探偵による浮気調査の料金
  • 探偵との契約・トラブル
  • 浮気調査終了後にどうするか
  • 浮気調査以外を探偵に依頼する