浮気調査の方法と探偵選び

浮気調査の方法や料金、探偵を選びに役立つ情報満載

浮気調査を探偵に依頼するにあたって、必要な情報を紹介します。

 

自分で浮気調査する方法から、探偵選びの基準、浮気調査の料金相場など、お役立ち情報が盛りだくさんです。

 

探偵に依頼する前に一度目を通しておくことをおすすめします。

 

とくに探偵の調査料金はけっして安くはありません。

 

また、探偵や興信所の中には、まともな調査を行なっていないのに法外な費用を請求してくる業者もあります。

 

そのような悪徳業者を避け、料金をできるだけ抑えるための方法も紹介しています。

 

浮気調査の方法と探偵選び記事一覧

「探偵に浮気調査を依頼したら、どれぐらいの費用がかかるんだろう?」浮気調査を検討中の方は、誰もが気になるところですね。探偵の調査料金には統一された料金体系がなく、各業者が自由に料金を決めているのが現状です。複数社に見積りを取ってもらえば、おおよその相場は分かってきますが、相談前にある程度の目安は欲しいですよね。2005年3月末、一般社団法人東京都調査業協会において、都内の探偵業者を対象にしたアンケ...

探偵事務所の料金は1時間2名稼働で1.5〜2万円がおおよその相場と言われています。現在では有名大手で1時間1名6,000円〜の設定をしており、探偵業界も顧客獲得に向けて割安料金をアピールしています。時間単位で見ると、意外と安いと感じるかもしれませんが、やはり浮気調査での総額は20〜30万円はかかることが多いです。料金に相場はあるものの、調査内容によって総額は変動するため、一概にいくらとは言えないのが現状です...

あなたが浮気を疑っていても、実は単なる勘違いだった可能性もあります。探偵の浮気調査費用は数十万円かかるのが一般的です。多くの方にとっては、気軽にポンと出せるような金額ではないでしょう。実際に浮気調査を探偵に依頼する前に、本当に浮気しているのかどうか冷静に判断しておくことをおすすめします。こちらのチェックポイントのうち3個以上に当てはまるようなら、浮気の兆候があります。気づかれないようこそこそと携帯...

夫の浮気に気づいた時、いきなり探偵に依頼するのではなく、まずは自分で調べてみようと思うのではないでしょうか。自分で浮気調査する方法にも色々ありますが、他の人たちは実際にはどのような方法で浮気調査をしたのか気になったので、マユミがアンケートを取ってみました。浮気に悩んでいる人にとっては、参考になるエピソードがたくさんありますので、是非ご覧になってください。携帯チェック&友人に尾行依頼●静岡県在住、当...

今回は、当サイトをご覧の方から貴重な体験談をご投稿いただきましたので、ご承諾いただいた上で紹介させていただきます。夫の浮気が疑わしいときは、このような行動パターンに当てはまるか是非確認してみてください。スマホ本体にパスコードをかける最初の頃は、スマホをテーブルの上や部屋に置き忘れたりしてたので、触っても何も言われなかったのですが、急にパスコードをかけてスマホをいつも自分のそばに置くようになりました...

夫の浮気に気が付いてから、探偵に相談し、浮気の現場を押さえ、解決するまでの流れを探偵目線でご説明します。結婚7年目の30代女性(子ども1人)のケースです。 浮気を疑ったきっかけ 旦那さんがキャバクラの女性にハマった時期があり、そこから浮気を疑うようになりました。一度は和解して「浮気はしない」と誓ったものの、旦那さんの浮気性はなかなか直らず。1年後には職場の女性と浮気をしているのでは?と思うような雰囲気が...

探偵が、調査対象者を監視して確かな証拠を入手するためには、一人だけの調査では限界があります。複数の出口がある建物の場合、出口ごとに調査員を配置する必要がありますし、対象者が車で出てくることも想定して車両を待機させておかなければなりません。また、一人だけでは尾行を怪しまれる可能性が高いので交代要員も必要です。緻密で慎重な調査を行うためには、大掛かりな調査体制を組むことになりますので、優秀な探偵社では...

依頼者が探偵に浮気調査を依頼する目的は、大きく二通りあります。離婚と慰謝料請求のための証拠作り離婚にあたっては夫婦双方の合意、もしくは、法律で定められた「『不貞行為』があったこと、あるいはその他婚姻を継続しがたい重大な事由」が必要になります。つまり、理由もなく一方的に離婚を行うことはできないのです。例えば「性格の不一致」や「セックスレス」などは、婚姻関係を解消する重大な事由としては認められないケー...

「調査結果が出たけれど、それを使ってどう問題を解決したらよいのか分からない」そんな不安を持っている方は多いのではないでしょうか。探偵社の中には、そんな不安の声に応えて専門カウンセラーや相談員を常駐したり、離婚問題に強い弁護士を紹介するなど、アフターフォローが充実したところもあります。

浮気をされたら悔しいですよね。浮気相手に慰謝料を請求したい気持ちはよく分かります。でも、ちょっと待ってください。焦って感情に任せた行動を取ると、慰謝料請求が認められなかったり、請求額が希望より安く算定されてしまうケースもあります。慰謝料請求に必要なことや算定額に影響することなどを解説しますので、ぜひご確認ください。

警察庁のデータによると、平成25年時点での探偵業者数は全国で5,670社あります。探偵に調査依頼をするのは、多くの方にとって人生の中で一度あるかないかのことでしょうから、あなたが探偵の実態に関して予備知識がないのは当たり前です。こんなに多くの探偵事務所の中から、自分の思い通りの調査結果を出してくれて、料金を安く抑えてくれる優良な探偵なんて、どうやって探したら良いのか・・・と、途方に暮れてしまいます...

探偵と契約する前に、まずは直接会って面談することになりますが、どこで会えばよいのでしょうか。面談の場所としてまず考えられるのは、探偵事務所ですが、他にも自宅近くの喫茶店というケースも多いようです。中にはカラオケボックスを探偵から指定されることも。

契約書は後日のトラブルを避けるためにも、面倒でも必ず目を通し、疑問があれば納得いくまで説明してもらいましょう。料金システム、調査結果の報告方法、違約金などの重要事項に関して、探偵業法に基づいたしっかりとした説明を受け、納得の上で契約書に署名することが大切です。契約締結時には、以下9ポイントをチェックすることをおすすめします。重要事項の説明探偵業法では、「重要事項の説明」や「利用目的の明示」など、契...

一般的には、探偵事務所は個人の依頼を受けて身上調査や素行調査を行うものと考えられています。では、実際に探偵が調査できるのはどのようなことなのでしょうか?探偵に依頼できる調査項目は多岐にわたりますが、実際に依頼者からのニーズの多い順にご紹介します。浮気調査探偵への依頼内容の大半、ほぼ7割位を占めるのが、浮気・不倫調査です。探偵事務所の中には、請け負う業務の7割以上が浮気調査のところも珍しくありません...

探偵業法第二条では、探偵がおこなう調査手法として、「聞込み」、「尾行」、「張込み」の3つとその他これらに類する方法が挙げられています。探偵は警察官と異なり、特別な権利や権限が認められているわけではありません。したがって、法令に違反するような方法で調査することは犯罪となります。請け負った依頼内容が法律に違反していれば実施することすなわち犯罪になりますし、実際の調査方法もあくまで法律の範囲内でのみ許さ...

浮気調査を依頼する方の多くは、浮気の証拠をつかむだけでなく「パートナーに浮気をやめさせたい」、「浮気相手と別れさせたい」と考えています。そこで、探偵業者の中には調査業務のみならず、別れさせ工作をおこなう「別れさせ屋」を請け負っているところもあります。「別れさせ屋」のよくある手法が、浮気相手に異性の工作員が接近し疑似恋愛を仕掛け、依頼者のパートナーと別れさせるというものです。実際にインターネットで検...

興信所を利用する際にもっとも多いトラブルが、料金と解約に関するものです。「強引に契約させられてしまったので解約したい」「契約した後、料金が相場より高過ぎることが分かったので解約したい」「解約を申し出たら、法外な解約手数料を請求された」料金の安さだけにつられて探偵を選んだり、気持ちが焦った状態のまま探偵に相談すると、このような事態に陥ってしまう可能性が高くなります。複数の興信所に相談し見積りを取って...

探偵業法(正式名称「探偵業の業務の適正化に関する法律」)は、探偵業務の適正な運営を目的として、平成18年に交付され、平成19年6月1日より施行されています。この探偵業法の届出を行っていることが、探偵を選ぶ際の最低限の条件になります。登録手続きがなされていれば「都道府県公安委員会 第×××××××号」といった探偵業認定番号があるはずです。なお、探偵業の届出が義務付けられているからといって、届出業者す...

「探偵業の業務の適正化に関する法律」(探偵業法)では、探偵業について必要な規制を定めていますが、各都道府県の公安委員会は、この探偵業法等に違反した業者に対して行政処分を課すことができます。行政処分の内容は軽い順に以下の通り。探偵社に対し、必要な処分をとるべきことを指示六ヶ月以内の期間を定めて、全部または一部の営業停止命令営業の廃止命令

探偵業務をおこなう業者として、「探偵」とは別に「興信所」という呼び方もありますが、両者にはどのような違いがあるのでしょうか。それぞれの特徴を簡単にまとめてみました。探偵興信所業務内容浮気調査や人探しなどの個人の信用調査や行動調査。企業の信用調査や雇用調査、市場調査など。調査手法身分を明かさずに尾行や張込み、聞込みを行う。調査対象者に直接面談したり、電話による聞込みや取材を行う。その他特徴時間や手間...

いかにも特殊技能を必要としそうな探偵ですが、探偵業を営むにあたって資格や免許は必要なのでしょうか?実は、探偵業を行うために、特別な資格や免許を取得する必要はありませんし、そのような制度も特にないのです。探偵業に関する法律には、平成18年に制定され、平成19年から施行された探偵業法(探偵業の業務の適正化に関する法律)があります。この探偵業法は、探偵開業時に都道府県公安委員会へ届出書を提出することと、...

探偵業法では、犯罪や反社会的行為への加担を禁じているため、依頼者から調査依頼を受ける際には、調査の「正当性」を確認する必要があります。探偵社側に、重要事項の説明などが義務付けられていると同時に、依頼者側も利用目的の明示と身分証明を行わなければなりません。したがって、運転免許証などの身分証明書を提示するよう求められたら、できるだけ開示した方がよいでしょう。また、調査対象者の情報をできるだけ詳しく提供...

平成19年6月1日より探偵業法が施行され、探偵業に対して一定の規制が及ぼされることになったとはいえ、いまだに悪質な探偵や興信所によるトラブルは絶えません。こちらは、国民生活センターが公開しているPIO-NET(消費生活相談データベース)から「興信所」関係の相談件数を集計したものです。2013年に若干減少したものの、全体的な傾向としては年々増加傾向にあることがわかります。年度200920102011...

探偵業法の施行や各業界団体の施策により、以前より探偵業界が健全な方向へ進んでいることは間違いありませんが、残念ながらいまだ苦情が絶えないことも事実です。探偵トラブルに遭遇しないためには、まずは、優良な探偵を選ぶことが一番の方法です。当サイトや各探偵社のホームページを参考に優良な探偵社を絞り込み、複数の探偵社に相談し比較検討した上で、依頼する探偵社を決めましょう。※参考:探偵業法違反の確認ただし、「...

内閣総理大臣(国家公安委員会)の許可を受け、警察庁を監督官庁とする全国組織です。東京都調査業協会をはじめ、全国各地に18の単位協会が加盟しています。220社余りの探偵・興信所が会員として加盟しており、日本最大級の業界団体として業界の健全化に務めています。おもな活動内容は、教育研修事業、消費者保護(倫理)事業、広告適正・広報事業、総務事業の4事業。探偵業者のレベルアップを図るため、独自に「探偵業務認...